石田衣良の小説

作家 石田衣良の作品は本当にどれも面白いです。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
 

石田衣良の小説HOME

親指の恋人

■親指の恋人(小学館文庫)



現代の格差社会の内包する問題を否応なく認識させられてしまう小説です。
年収数億円の父を持ち六本木ヒルズに居住する大学生のスミオと、借金を重ねる父を持つワーキングプアのジュリアの2人が惹かれあい愛を貫こうとするが、あまりにも立ちはだかるカベの多さ・大きさに、結局は心中を選択するというストーリーは、切ないというよりはむしろ痛ましさをもって迫ってきます。
自分がスミオとジュリアの立場でも、きっと同じ選択をしただろうな・・・・と思ってしまいました。



あらすじ


小学6年生の時に、自宅で首吊り自殺をした母親を目撃してしまい、以降心に傷を負ってしまった大学3年生のスミオは、虚無感に包まれた生活を送っていた。
暇をもてあましていた時、携帯で接続した出会い系のサイトで、自身をサクラだと公言する女性のジュリアと知り合う。
オフラインで会った2人はお互いに惹かれあい付き合いを始めるが、巨大外資系企業の社長であるスミオの父と、借金を重ね娘の貯金にまで手を出すジュリアの父それぞれが、2人の交際を認めようとしなかった。
全てを投げ捨て2人で生活を始めようとした矢先、ジュリアの父が脳出血で倒れてしまう。
そのことをきっかけに次々2人に突きつけられる現実に、とうとう抗する力も失い、ジュリアは全てを終わりにしたいとスミオに漏らす。

<恋は、あなたの全てじゃない | DVD−池袋ウエストゲートパーク>

Copyright (C) 2008 irara Some Rights Reserved.