石田衣良の小説

作家 石田衣良の作品は本当にどれも面白いです。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
 

石田衣良の小説HOME

作家 石田衣良

石田衣良の小説には登場する人物の一人一人に特徴・個性があって、それが物語に幅を持たせています。 特に池袋ウェストゲートパーク(IWGP)シリーズは秀逸です。


石田衣良の作品

| 池袋ウエストゲートパーク | 少年計数器−IWGP | 骨音−IWGP | 電子の星−IWGP |
| 反自殺クラブ−IWGP | 灰色のピーターパン−IWGP | Gボーイズ冬戦争−IWGP |
| 赤・黒−IWGP外伝 | うつくしい子ども | エンジェル | 娼年 | 波のうえの魔術師 | スローグッドバイ |
| 4TEEN | LAST(ラスト) | 1ポンドの悲しみ | 約束 | ブルータワー | アキハバラ@DEEP |
| 東京DOLL | てのひらの迷路 | 愛がいない部屋 | 40(フォーティ)翼ふたたび | 空は、今日も、青いか? |
| 眠れぬ真珠 | 下北サンデーズ | 美丘恋は、あなたのすべてじゃない | 親指の恋人 |


また、アウトローかつヘヴィな話も爽快に読ませますし、後味の悪い思いをするのが1つもありません。

このことは石田衣良の文章力・表現力に依ることもさることながら、本人の人柄が作風に反映されているからではないかと私は勝手に解釈しています。


ドラマ化・映画化作品

| 池袋ウエストゲートパーク(ドラマ) | アキハバラ@DEEP(ドラマ) | アキハバラ@DEEP(映画) |
| 下北サンデーズ(ドラマ) |



テレビ出演等、様々な活動と平行して作家活動を精力的に継続していて、「よくこんなにネタがあるな・・・」と感心するほど次々と新作を世に送り出しています。

そんな彼の数多くのすばらしい作品群を紹介していきたいと思います!


漫画化作品

| 池袋ウエストゲートパーク | 4TEEN | アキハバラ@DEEP | 下北サンデーズ | 娼年 | 眠れぬ真珠 |
| 約束 | 逝年 | 1ポンドの悲しみ |


| 石田衣良について>

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ira.tsukanshi-ippatsu.com/trackback/818618
キンキVTRのためにスマスマ4時間も観てられるかっつうの!!!(涙) てことで見逃して残念ですがまぁいいや。 愛がいない部屋 (集英社文庫)クチコミを見る 表題作ほか「空を分ける」「魔法の寝室」「いばらの城」「ホームシアター」「落ち葉焚き」「本のある部屋」「夢
宴の痕 | 2010/02/14 10:05 PM
水曜のレディースデーに観てきました。近くのシネコンで観たのですが、お客さんは5人くらい。平日午前中ということもあり、主婦向きの作品ではないのかな? 深夜のドラマ版は、内容的には別物だったので、期待していたのですが、原作を読まずに見た人にとっては主人公
眠れない夜のことば遊び | 2010/02/14 11:39 PM
『池袋ウエストゲートパーク』シリーズにはまり中です(^◇^) 現在、三巻目が終わったところ。 石田作品の原点とも言える作品に今頃手をつけるなんて、と、ファンの方には怒られそうですが、ドラマ化された時の印象があまりにも強く、その上、脚本は宮藤官九郎さん(大
眠れない夜のことば遊び | 2010/02/14 11:40 PM
池袋のトラブルシューターマコト、今回も4つの事件と関わります。 -収録作品- 要町テレフォンマン 詐欺師のヴィーナス バーン・ダウン・ザ・ハウス Gボーイズ冬戦争 血なまぐさくなくライトだったのは詐欺師のヴィーナス。 この依頼者に関してはイライラしち
日々のつぶやき | 2010/02/24 11:09 AM
いつも思うのだが、このシリーズは作者・石田さんのイメージが表にでてこないのがいい。あくまで「マコト」の言葉なのだ! 常にタイムリーな社会問題を「マコト」なりの分析で解決策を模索する。 やっぱり、楽しい本です。 振り込め詐欺グループVSマコト連合軍。絵
じゅずじの旦那 | 2010/02/24 12:12 PM
石田 衣良 てのひらの迷路 石田衣良が贈る、美しくちいさな24の物語。 恋愛、小説、そして母との別れ……。石田衣良が二年をかけて大切に書きつづった掌編小説集。物語を味わいながら人気作家の素顔を垣間みる特別な一冊。 この本はそのお話を書こうとした
映画な日々。読書な日々。 | 2010/03/02 10:14 PM
 

Copyright (C) 2008 irara Some Rights Reserved.