石田衣良の小説

作家 石田衣良の作品は本当にどれも面白いです。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
 

石田衣良の小説HOME

反自殺クラブ−池袋ウェストゲートパーク

■反自殺クラブ―池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)


・スカウトマンズ・ブルース
・伝説の星
・死に至る玩具
・反自殺クラブ



池袋続編后 いつもながらマコトとタカシ、そしてGボーイズの精鋭たちが悪い奴らを追い詰めたり、又はアジトに突入して一瞬にして制圧してしまうシーンには、本当に胸のすく思いがします・・・。 その場でのタカシの王様らしい発言には、自分が言いたいことを代弁してくれているような錯覚を覚えますし、吉岡がしきりにマコトに警官になるよう勧める理由もわかる気がします。


あらすじ


・スカウトマンズ・ブルース
マコトが知り合った風俗嬢のスカウトマン・タイチに思いを寄せる喫茶店のウェイトレス・しのぶは、タイチがスカウトを休み街に出ていない日に、別のスカウト業者「リバティライン」により風俗店に入店させられてしまう。
池袋署の刑事・吉岡に頼んでしのぶを店抜けさせたマコトとタイチは、リバティラインに脅しをかけられるようになり、一方でしのぶは自殺未遂を起こしてしまう。
マコトはタカシの協力を仰ぎ、リバティラインを潰すためその事務所に向かう。


・伝説の星
往年のロックスター・神宮寺貴信は、ロックビル建設を予定している池袋の空き地で行うライブにGボーイズを集めてほしいとマコトに依頼する。
銀行からの融資を引き出すのに集客力のあるところを見せ付けるためだというが、後にわかった事実は重田興業が、借金を重ねた神宮寺に強要した不動産詐欺だった。
マコトは神宮寺を救うため行動を開始するが、神宮寺はその一枚上を行く策を弄していた。


・死に至る玩具
玩具メーカー「キッズファーム」の販売する世界中で人気の人形「ニッキー・Z」。
その製造を請け負う中国の提携工場は、工員に過酷な労働を強いていた。
紅小桃ことコモモは、姉が工場での作業中に心臓が破裂して死亡してしまったため、事情をキッズファーム本体に訴えるため来日していた。
抗議ビラを一緒に配り始めたマコトとコモモは一転、キッズファームから狙われる立場になってしまう。


・反自殺クラブ
自殺系サイトに名前を変えて度々登場し、集団自殺をプロデュースしているとみられる「スパイダー」を捕らえるため、反自殺クラブのメンバー・ミズカ、ヒデ、コーサクの三人はマコトにその手助けを依頼する。
何度か集団自殺の現場を押さえるも、なかなかスパイダーの手掛かりがつかめない状況の中、潜入役のコーサクは、おとりとなって参加した集団自殺で本当に自殺してしまう。
マコトは自分が潜入役になることを決意し、ついにはスパイダーを追い詰めるが、裏で手を引く意外な人物の存在に驚く。

<電子の星−IWGP | 灰色のピーターパン−IWGP >

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ira.tsukanshi-ippatsu.com/trackback/828176
 

Copyright (C) 2008 irara Some Rights Reserved.