石田衣良の小説

作家 石田衣良の作品は本当にどれも面白いです。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
 

石田衣良の小説HOME

灰色のピータ−パン−池袋ウェストゲートパーク

■灰色のピーターパン―池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)


・灰色のピーターパン
・野獣とリユニオン
・駅前無認可ガーデン
・池袋フェニックス計画



池袋続編此 犯罪を犯した者を前にして、人格を持った一人の人間なんだと考えて向き合えることができるだろうか・・・
罪の重さにもよるんじゃないだろうか・・・
例えば殺人なんて絶対許せないし、ちょっとけがをさせられたぐらいなら許せるのでは・・・
でも、その境界線はどこにあるんだろ?などと、色々考えてしまいました。
文中より「人間が野獣に対するとき、どんな態度が最も人間的なのか。憎しみを返すため棒でたたくか。目を見て話をするか。実はそれが、あんた自身をケダモノと人間に分ける細かくかすかな線なのだ」


あらすじ


・灰色のピーターパン
有名エリート校の小学5年生・ミノルは盗撮画像を販売し荒稼ぎしていたが、それをネタに高等部のショータ、シゲユキ、コーイチローに強請られていた。
ミノルはマコトに示談役を依頼し、5人で話を始めたが、間の悪いことにシゲユキが、人々の恐れる市販薬のジャンキー・通称「マッドドッグ」こと丸岡に話を漏らしてしまっていた。
丸岡の執拗な金銭の要求を退けるため、マコトは丸岡をハメる策を練る。


・野獣とリユニオン
路上強盗に襲われ杖なしでは歩けなくなったツカサを兄にもつチヒロは、少年院を出てきた犯人・エイジの足を潰してほしいとマコトに依頼する。
マコトは調査を進めるうち、4人の少年に強請りにあっているエイジが金を渡すため犯行に及んだ事を知り、ツカサ、チヒロ兄妹をエイジに引き合わせ話をさせることを決意する。


・駅前無認可ガーデン
マコトとタカシはGボーイズの先代キングで、現在無認可の保育園の園長をしているシンジに呼び出される。
いずれも未遂に終わっているものの、最近多発する公園での子供へのいたずらの犯人が、保育園のアルバイト・テツオではないかという疑いがかけられ弱っているということだった。
マコトはGボーイズと共に公園での張り込みを開始するも、保育園の園児の一人・ヒロミが犯人と思しき「ベンチ男」に連れ去られてしまう。


・池袋フェニックス計画
東京都副知事・瀧沢は、池袋の風俗店や不法滞在者を一斉に取り締まる「池袋フェニックス計画」を打ち出した。
池袋でしのぐ組はほとほとマイっていたが、なぜか新進の京極会池上組系列の店だけは摘発を免れていた。 
その一方、音大生のイクミは姉・カズミがホストクラブ遊びで作った借金のために風俗店に入れられてしまったため、連れ戻してほしいとマコトに依頼する。
マコトはいずれも池上組系列である、ホストクラブ「ブラックスワン」、金融会社「一ツ木企画」、風俗店「ラブネスト」を潰すため奔走する。

<反自殺クラブ−IWGP | Gボーイズ冬戦争−IWGP>

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ira.tsukanshi-ippatsu.com/trackback/830854
池袋エステサロンの人気ランキングです。
池袋エステサロン | 2012/05/04 8:09 PM
 

Copyright (C) 2008 irara Some Rights Reserved.